京都のキャバクラで働く!京都人の性格とキャバ嬢に向いている理由

京都のキャバクラで働く!京都人の性格とキャバ嬢に向いている理由

皆さんは京都のキャバクラに対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか。県外の方からすれば、京都=祇園のお店で~というイメージが強いのかもしれませんが、実は京都にも沢山のキャバクラがあります。
京都のキャバクラ事情は、他府県とそれほど大きな差異があるわけではないのですが、皆さんも恐らくご存じの通り、キャバクラって「エリアによって個性がある」のが特徴で、例えば京都なら京都の癖といいますか、ルールだったりもありますし、大阪なら大阪の独特な関西ノリのようなものもあります。

そこで、今回お話をしたいのが、実は京都人の性格って、キャバ嬢に向いているんじゃないのか、という所ですね。
京都には沢山のキャバクラがあって、大抵はいわゆる京女の方がそこでお仕事をされているわけですが、そもそも”キャバ嬢”の立ち振る舞いと“京都人”の立ち振る舞いに近い所があるのだと思います。そこで、そのようなお話について少しまとめてみました!

京都人はキャバクラで働くのに向いている

冒頭で軽くお話した通り、京都人の持っている気質はキャバクラで働くのにかなり適していると思います。ハッキリ言ってしまえば、京都の女性は生まれながらにして“キャバ嬢的な素質”を持っているのではないかと感じています。
というのも、昔から言われるような京都人の気質や、京女の立ち振る舞いと言えるような仕草や行動などが、そのままキャバ嬢の振る舞いにピッタリとあてはまるからです。ある意味ではキャバクラで働かずともキャバ嬢としての基本的なスペックを皆さん兼ね揃えているわけですから、その素質を活かすためにキャバクラで働くという選択肢は、かなりアリなのでは?と感じるわけですね。
そこで、どうして京都人の気質がそれほどキャバ嬢とマッチするのか、もう少し具体的に掘り下げてみたいと思います。

本音と建前を分けられる性格がキャバ嬢としてプラス

先ず、京都人と言えば男女問わずの傾向として「本音と建前を上手に使い分けることができる」という方がとても多いのです。これは、特に少し上の世代の方がより傾向が強いのですが、それでも20代30代でもこのような素質を上手に活かして生活をしている方が普通にいらっしゃいます。
極端な話をすれば、大人になってしまえば誰でも本音と建前をある程度使い分けながら生活をすることになると思うのですが、京都人はとりわけそういった動きが強いというか、板についているような感じの方が多いのです。
このような性格をしている京都人の人からすれば、多分キャバ嬢が仕事で普段からお客さんに接しているような接客をわざわざ意識しなくとも、むしろ普通の感覚で仕事をしているだけでも全然問題ないのではないかと思います。
京都人に多い本音と建前を上手に使い分けるあの技能は、ハッキリ言えばキャバ嬢として働いた場合カナリプラスの要素になると思います。現に私もそうです笑

京都の女性は気遣いも上手

京都人の性格についてもう少し掘り下げるとすれば、京都の女性は気遣いも上手という点がありますよね。芸能界で活躍している京都出身のタレントでも、良い感じに穏やかそうな雰囲気を醸し出しながら、場の空気を読んだ行動をされる方も多く、基本的に「空気に敏感」な所があると思えばいいのかもしれません。
土地柄だと思うのですが、相手の感じや場の感じを読むことに長けている人が多いので、結果的に気遣いが上手になっていくわけです。
他の人だと気がつかないようなことでも、なんとなく見えてしまう、感じてしまう部分があるので、それを普通に対応するのですが、客観的に見てみると「気遣い上手」という印象に映るみたいですね。
こういった気遣い上手という要素は、キャバ嬢として働く上では必須のスキルです。むしろ、人によっては努力しても気遣い・気配りが苦手という方もいますから、そういった点では京都の女性は恵まれているのかもしれません。
また、かなりキャバ嬢として高いスキルを最初から持っているということになります。

キャバクラで働くための基本的な知識も紹介

ということで、このサイトでは祇園で働く現役キャバ嬢の私が、京都の内容と少しからめつつも、キャバクラで働く為の基本的な知識などをご紹介していこうと思っています。
京都のいいところ、人柄、キャバの性質やお店のことなど、色々な内容をご紹介していきますので、京都のキャバクラに興味がある女性の方に、ぜひぜひ最後まで見て頂ければと思います。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!