キャバ嬢の仕事がバレたときの対処法・バレないように予防する方法

キャバ嬢の仕事がバレたときの対処法・バレないように予防する方法

キャバ嬢のお仕事を始めようと思う女の子が、多分一番気をつけたいところって、きっと身バレなんじゃないかんと思います。
最近は堂々とキャバ嬢アピールするような子も増えているみたいだけど、やっぱり友達とか彼氏とか、家族とかには絶対にバレたくない~と思っている子が大半だと思います。
ということで、今回はキャバ嬢の仕事をしていることが、もしもバレてしまった時の対処法だったり、バレないように予防をする方法なんかについてお話していきたいと思います。

親や彼氏にキャバ嬢をしていることをバレないようにするには?

親や彼氏にキャバ嬢をしていることは絶対に知られたくない!という子が大半ですが、予防策をとっていないと、意外なところから身バレしたりするものです。
お店に彼氏の友だちが来ていたり、みたいな話もよく聞きますし、結構そういう所でもめてしまったみたいな話もあります。
ということで、今回は親や彼にバレないようにするためのポイントを、2つほど押さえてみました。

地元から少し離れた場所で働く対処法

1つは、これが一番鉄板の方法なんじゃないかと私は思うのですが、地元からちょっと離れた場所で働いてみるという手があります。
もちろん、キャバ嬢のお仕事は夜遅くまでするものですから、あんまり自宅から離れたところには通いたくないな~って考える子が多いと思います。でも、もしもあなたが身バレしたくないのなら、自分の友達とか、彼の友だちとかもウロウロしているような街の近くで働くのは止めておいた方がいいと思います。
仕事の関係でキャバクラ接待に連れ出される男性もいれば、人付き合いで断れず~というパターンも結構あります。なので、身バレ防止に一番最適な方法としては、ちょっと離れた場所でお仕事を探す!というのが賢明なんじゃないかと思います。
例えば、私の場合は京都で生活していて、祇園で働いているので結構危なかったりします。ただ、京都の場合は祇園って地元の人よりも観光客メインだから、意外とバレないんですよね(笑)
こういうシチュエーションだったら、それなりに近くても安全かもしれないけれど、そういう感じじゃないのなら、ちょっと隣の県まで行ってみるのもありだと思います。
関西だったら、京都の人が大阪で働いたり、滋賀の人が京都で働いたり、ということも良くあります。キャバの仕事はお店によりけりとはいっても、大抵は自宅まで送り届けてくれるものなので、少しぐらい遠くても安心してお仕事ができるんですよね。
なので、可能ならちょっと離れた場所で働いてみましょう!

アリバイ会社を使う方法もある

あとは、他の会社で働いていることにしてしまうという手段を使っている子もいます。
アリバイ会社ってご存じですか?アリバイを証明してくれる会社なのですが、そういった所を使って偽装工作をしているキャバ嬢もいます。ただ、アリバイ会社の使用に関しては賛否両論(なにかあった時は結構面倒くさい)なので、できればアリバイ対策もしてくれるお店を探すといいと思います。
専用の電話回線をひいていて、店名ではなく企業名で会社として対応してくれるお店もキャバクラには結構あります。
なので、そういったアリバイ工作可なお店で働くか、アリバイ会社を使って身バレを防ぐという方法もありだと思います。なお、アリバイ会社の利用に関してはもちろん費用も必要なので、注意して下さいね。

仕事をしているのがバレたら?

もしもキャバ嬢の仕事をしていることがバレてしまった場合は、それ以上隠すのは難しいので、相手が安心するような話をして、印象を変えるように努力してみるのがベターです。
例えば、今働いているお店は会社が運営している健全なお店で、危ないようなことはないという事実を証明してみたり、どうしても短期間にまとまった金額の収入が○○の理由で必要だったから、一時的に働いているだけで、すぐに辞める予定で~など、相手が納得できるような現実的な材料を提示しながら話をしてみると、結構落ち着いてくれます。
事情があって一時的に働いていること、働いているお店は安全で変なことはない、という事実さえわかれば、大抵の場合はそれなりの所に話が落ち着いていくものです。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!