求人にある「体入」って何?キャバ嬢の体験入店と面接の注意

求人にある「体入」って何?キャバ嬢の体験入店と面接の注意

求人欄をみていると、良く見る「体入」という文字、これのことが何を指しているのかが良く分からないという子もいるようです。
これは、体験入店というシステムのことで、ナイトワーク業界では比較的メジャーな制度だと思いますし、これを利用して自分に合ったお店をみつけることができるわけですね。
そこで、今回は体験入店に関するシステムの説明や、面接に関するちょっとしたポイントについてご紹介したいと思います。

どこのキャバクラでも体験入店のシステムを設けている

キャバクラの求人をみていると、ほとんどのキャバクラで体験入店のシステムが設けられていることに気付くと思います。通常の時給と並行して、体験入店時の時給なども書かれているお店も結構多いことから、体験入店システムが活用されているということが良く分かると思います。
実際、ナイトワークが初めてという方はたくさんいらっしゃいますし、私のお店にもそういった子が来ることも少なくはないです。
とりあえず、1日だけ働いてみよう~というのが体験入店のシステムで、大抵の場合は時給も高く、完全日払いでその日にもらえることが多いと思います。
この体験入店のシステムは体験する側の子だけじゃなく、お店側もヘタな子を入れないために、様子をみてみることができるので、マッチングシステムと言うかお見合いというか、そんな感じで使われています。要は、双方にメリットがあるということですね。

面接で注意したいのは服装と愛嬌

体験入店に入る前に、まずは面接をクリアしないといけないわけですが、最近はキャバ嬢の仕事自体が人気なので、お店によっては案外断られることも少なくはありません。
そこで、面接の際に注意しておきたいポイントについてお伝えしておきたいのですが、ハッキリ言えば服装と愛嬌の2点がとても大切です。
服装に関して言えば、あなた自身が可愛く、綺麗にみえるファッションで面接に臨むのが良いと思います。
というのも、キャバクラは自分自身を商品にするお仕事なので、男性にモテるか、ウケるかという点が面接では重視されます。男性ウケしそうな女性であることを、服装と、愛嬌でアピールする必要があるのです。
気遣いができる、笑顔で対応できる、ハキハキ話せて明るい、男性からの需要がありそう、そういった印象をもってもらえれば、まずはOKでしょう。接客できなさそうだと判断されると落ちてしまうので、その点にも注意してくださいね。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!