稼げる分お金もかかる?キャバ嬢の出費の内訳

稼げる分お金もかかる?キャバ嬢の出費の内訳

キャバ嬢は稼げる仕事としてかなり有名ですけれど、実は出費も結構かさむっていう事実を意外と知らない方も多いようです。
キラキラしているキャバ嬢は、テレビなんかで見る分には、そんな感じもしないと思いますが、あのような感じを保つためには色々な所で投資なんかもしなければいけなかったります。
ということで、今回はキャバ嬢になりたい子必見!キャバ嬢の気になる出費の内訳について、ちょっとお伝えしたいと思います。

キャバ嬢の主な出費

キャバ嬢をやっていると、意外な所でお金を使わなければならない場面もたくさんあります。
ケースバイケースになると思うので、全てのキャバ嬢が同じように出費しているわけではないのですが、勤務しているお店によっては色々な所でお金がガッツリかかってしまうことも少なくはありません。ということで、その内容について少しまとめてみたいと思います。

①ネイルやエステなどのメンテナンス代

キャバ嬢にとって見た目は仕事に直結するものです。駆け出し大学生のちょっとしたアルバイト程度で頑張るのなら、それほどの努力は必要ないのかもしれませんが、キャバ嬢としてしっかり稼いでいこうと思うと、このあたりの出費はやむを得ないところです。
自分のメンテをするためには、ネイルやエステ等に通うことになると思うのですが、特にキャバ嬢にとってはネイルが真っ先に思い浮かぶほど、必要経費と感じている子が多いのが現状です。
これだけでも、月に2~3万円前後は必要になります。もちろん、もっと安価で済ませることもできるのですが、しっかりとお金をかけられているネイルは、ファッションなどと同じで「お金がかかっている」ことが直ぐにわかるものです。
なので、こういった部分へのケアはどうしても欠かせないわけですね。
他にも、ヘアケアなどにもお金はかかりますよね。できるだけ押さえている子でも3~5万はトータルで必要でしょうし、高級キャバの嬢だと10~20万円以上を毎月メンテナンスにかけているものです。

②ドレスやポーチなどの費用

ドレスやポーチなどの費用も、始めの頃には出費としてかさみます。ドレスに関してはお店でレンタルしてくれるところも多いので、無料で済む場合も少なくないのですが、購入となると1着1~2万円程度は必要です(安価なものなら、数千円で購入も可能です)。
レギュラーで働くならその分のドレスもいるでしょうし、ポーチも必須なので幾つか用意しておかなければなりません。ポーチは数千円程度出せばそれなりの見た目のものが購入できますが、それでも初期投資として必要な場合は、あまり無理をしないようにした方が賢明です。

③お客さんへのプレゼント代

実は、意外とバカにならないのがお客さんへのプレゼント代です。誕生日や昇進祝い、旅行に行けばお土産を購入し、バレンタインにはチョコレートのプレゼント、クリスマスイベントなどもありますし、数えてみれば年間で結構なプレゼント回数になってくるものです。
もちろん、細客相手にそれほどこまめにすることはないので、大抵はwin-winな関係になっていると思いますが、それでもプレゼント代は決して安くはないのです。
お客さんが増えてくれば、10人20人とプレゼントを用意することになるわけですから、決して甘くみてはいけないと思います。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!