【キャバクラの噂】働く前に必見!お客さんとの枕営業はあるのか

【キャバクラの噂】働く前に必見!お客さんとの枕営業はあるのか

今回は、キャバクラで働くにあたって、みなさんがきっと気になっているだろうなと思います枕営業のお話について少ししてみたいと思います。
実際に働いてみないとそんな事があるのかどうかは確認することができないですし、働いてみてそのような被害に遭ったら困ると考える方が多いので、その実態について少しでも正確なお話をご紹介できればと思っています。それでは、ご覧ください。

キャバクラでの枕営業は実際に存在する

結論から言ってしまえば、実は枕営業そのものは存在しています。
これで皆さんもちょっと驚かれてしまったかもしれませんが、落ち着いて最後まで読んでくださいね。
ただ、枕営業が実際に存在するといっても、実際にはお店単位でそのようなことを推進しているとか、そういった事は基本的にありません。今回、私がどうして枕営業が実在すると言い切るのかといいますと、実は私の周りで枕営業をしている子がいたからです。
もしかしたらたまたまだったのかもしれませんが、やはり1人いれば他のお店でどの程度の子がそういった事をやっているのかは分かりませんよね。
ただでさえ、最近は若い子を中心にパパ活などが流行っているので、そういった部分に対してとても鈍感になっている子も多いような気がします。私が見た子は実際に枕営業をやっていると公言していたので、そこまで言っていいのかな…という感じもありました。
ただ、他の子も同じようにやっているかどうかは、なかなか本当の事を言う子も少ないので、確かめようがない所もありますよね。

ノルマに困ったキャバ嬢が使う最終手段

では、どうして枕営業をするようなキャバ嬢が出てくるのか、という所もきっと気になると思いますが、これはハッキリ言ってしまえば、ノルマに困ったキャバ嬢がどうしようもなくなって使う最終的な手段だと思って下さい。
要は、基本的には枕営業をしてまでどうこうという事態にはならないということですね。ノルマ等の厳しいお店で働いている子だったり、達成しないといけないような状況に追い込まれている子がいると、そういった子が行ったりする、と言う話は実際に私もたまに聞きます。こ

強制はされないので上手く断ることが大事

あくまでもノルマに困ったキャバ嬢が、仕方なくとる最終手段として枕営業がありますので、基本的には普通に働いている限り特にそういった行為と縁はできないと思います。
私自身も枕営業をしようと思ったことは一回もありませんし、友人たちも基本的に行っていないような感じです。それに、どのような場面になったとしても、枕営業をお店側から強制されたり、勧められたりするようなこともありません。
お客さんの方から枕営業を誘って来る方が最近は増えているように利きますが、この辺は上手に、丁寧に断ることが大切です。断り方を間違うと、根も葉もないうわさを立てられたり、二度と来てもらえなかったりもします。
上手に断りながら、良い関係を築けるようにするためには、うまく断らなければいけないのですが、この辺はちょっとした経験という部分もあると思いますので、仕事をしていく内に断り方にも慣れてくると思いますよ。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!